So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ストルバイト結晶 その2 [日常]

積雪と最低気温の低さで、病院の薬を付けていても霜焼けが悪化してしまいました(TT)
指の生体認証の反応も鈍く、登録し直したのですが、まさか自分の冷え症が原因だとは思いもせず(笑)

さて前回の続き、昨年12月から現在の話です。

手作りの食事内容をほぼ固定にして2週間後、8~9だったpH値が8になり、結晶も少し減った様子。
作冬のpH数は不明ですが、同じ食事内容で結晶が消えたのは、水分量の影響だったのか?
その後水分量は増やしたままなので、尿も薄めなのに高いpH値と結晶で担当医も懸念。

もう少し様子を見るとの事で、更に2週間後、pH値や結晶に変化はなし。
何故だかウロビリンだか何だか、黄疸も出ましたが、一過性のものでした。


自分なりに調べた所では、手作り食でマグネシウムが極端に過不足するはずもなく、
水分もご飯でたっぷり取っているので尿も濃くないし、我慢もしていない。

本に手作り食で治らなければ、感染対策と書いてあったので、担当医に聞いてみたけれど、
尿中に細菌も見えるが、膀胱炎を起こす程ではないし感染ではないとの事。

素人感覚かもしれませんが、皮膚炎も続いているので、細菌が体の中を巡り膀胱にも影響している可能性を尋ねるも、関連はないとの事。

根本的な原因は‥体質としか言いようがないそうです(-∧-;)
同じご飯を食べていても、出るコは出るそう。

pHも高めが続いているし、石が大きくなって詰まると大変なので、療法食を半分混ぜる事になりました。

色々と心配は残るのですが、冬だけかもしれないし‥
結晶が消えればフードも手作りに戻して良いとの事で、フードも病院以外での購入も快諾してくれました。


ちなみに今冬も昨冬も「結石が出て(出来て?)いる」と言われた記憶があり、石が出来ていると思い込んでいた飼い主。
どの位出来ているのか聞くと、確認するにはX線かエコー検査が必要と言われΣ(・ω・ノ)ノ
実際は尿中の結晶しか確認してない事もあり、タイトルは「ストルバイト結晶」となっています。

Chaiの場合、症状はトイレの場所を間違えるだけで、頻尿やしぶり等はないので、現段階では尿検査以外の予定はありません。


そして年は明け、ドライフードを追加して2週間後の尿検査。
結果だけ聞いたのですが、pHは7で結晶もちらほら見える程度に減っているとの事。

一先ずは落ち着いてくれて安心です[ダッシュ(走り出すさま)]
しかし、Chaiのフード探しはまだ続くのであった‥。


通常膝の上から降ろすと歩いてベッドに行くのですが、この時は横着(笑)
後ろ足をスツールの上に置いたまま寝ていました(●´艸`)
IMG_2920 (640x447).jpg
nice!(5)  コメント(0) 

ストルバイト結晶 その1 [日常]

DSC_1226 (640x374).jpg
戌年ですね♪
良い一年となります様に[ぴかぴか(新しい)]

ストルバイト結晶について、昨年2月~11月の話です。

二年前頃から寒くなるとトイレを失敗する事が増え、その時は細菌性の膀胱炎との診断でした。
そして昨冬も失敗が増え、皮膚の方で抗生剤やステロイドを使用していたので、膀胱炎ならば効くと言われ様子を見ていたら、2月にはストルバイト結晶が出来ていました。

当時の担当医に療法食を勧められるものの、他の物を一切食べさせない様にとの話だったので

・会陰ヘルニアの関連で、大学病院からさつまいもを食べさせる様に言われている
・てんかんや皮膚の薬は、肉や魚で包まないと飲まない
・食物アレルギーがあるので結石を溶かす療法食は使えず、結石が出来にくくなる療法食になる
(・アレルギー対応の療法食は値段も高く、他の治療費を優先させたい)

等の理由から、完全手作り食にして様子を見る事で納得して貰いました。
ただ私が知っている殆どの獣医師が言うのですが、手作り食には詳しくない、との事なので自分で調べる事に。

それまでも朝はドライフード+トッピング、夜は手作り食だったので、ホリスティックケアカウンセラーを取得した時の教科書を引っ張り出し復習。
新たに食物アレルギーを持つ犬の為の手作り食の書籍を購入し、尿路結石のリサーチも念入りに…

と張り切った結果、1か月でストルバイト結晶が消滅[ひらめき]

担当医も驚いていたし、手作り食の良さを改めて感じた飼い主でした。


Chaiは水を殆ど飲まないし、留守番中にトイレもしないので、どうしても尿が濃くなってしまいます。
なので完全手作り食にして、更にお水をたっぷりいれてご飯と一緒に摂ることで、尿が薄くなりました。
あとサプリも効いたのかな?

これでめでたし、と終われれば良いのですが、皮膚に続き一筋縄ではいかず
(-∧-;)

その後定期的に尿検査をしており、夏に尿がアルカリ性に傾いているので、結石は出来ていないが気を付ける様にと言われ、気持ち程度ですが肉や魚の割合を増やしてみたのですが‥
寒くなりまたトイレの失敗が増え、尿検査でも結晶が出てしまいました。

前回とは担当医が変わっており、やはり詳しくないと言いながらもマグネシウムを減らす事、
本来の使い方とは異なるけれど半分療法食にして良くなるコもいる事を教えてくれました。

でもやはり手作り食でどうにかしたい飼い主‥
前回結晶が消滅した時と同じ食事内容で1か月様子を見てみました。
サプリはクランベリーとビタミンE等が混ざったものから、クランベリーパウダーに変更。

続く。


nice!(3)  コメント(0) 

年の瀬 [日常]

早いもので2017年も終わりですね。
今年は拝読しているブログのわんちゃん達が数匹も亡くなってしまい、涙なみだの年でした。

てんかんや問題行動等、Chaiと同じような症状を抱えるコ達もいて、たたかっている姿に勇気を貰い、
色々と悩みながらも決断をしていく飼い主様達に背中を押される思いでした。
虹の橋の向こうで、安らかに眠れています様に。


Chaiは今年は通院ばかりでした(ノД`)・゜・。
なんと27回、ほぼ2週間に一度!よく頑張りました。

以前「後日記述」と書いたのに忘れてしまい、上手くまとまらなくなってしまった書きかけの記事がいくつかあるのですが((+_+))
皮膚炎に加えて、原因不明の貧血があったり、ストルバイト結晶が見つかったり、何をどうしたら良いのか分からないことが多く、試行錯誤の連続でした。

シャンプーは毎週継続していて、きちんと洗えてるとは言い難いとしても、Chaiと私にとっては本当に努力の賜物です[手(グー)]

シャンプーと言えば、夏に皮膚炎が悪化した際に頻度を増やす事になり、せっせと頑張っていたのですが、
シャンプー時におやつが必要なので、ご飯の量は気を付けていたつもりでも、体重が増加してしまいました( ̄∇ ̄*)ゞ

そして気持ち程度ですがご飯の量を減らしたら、今度は夕食後の吠えが止まらなくなり[がく~(落胆した顔)]

以前から壁やドアへの吠えが出る時期があったので(薬の影響か神経の関連症状なのかは不明)、それなのか単に食欲増加なのか、
大学病院の先生に相談した所、皮膚炎で使用していた薬の影響かもしれないと判明した事もありました[ひらめき]

人間では頭蓋内圧上昇の報告があった薬なので、Chaiの行動に影響が出てもおかしくないとの事。
分かって良かったし、目に見えないのでついつい忘れがちですが、障害があるという事を良い意味で再認識できました。

シャンプーを増やした結果は、残念ながら肌が荒れたり、擦れて痛いのか抱っこする時に攻撃が出てしまう事もあったので、元の頻度に戻りましたが、
小さい一つの事が色々な影響を及ぼすとは思いもしませんでした(笑)


悩んで、試して、また別の問題が起きたり、繰り返しで忙しい年でしたが、
基本的には元気があって、膝の上が大好きなChaiに癒される日々でした(*´∀`*)

症状の緩和を目指して、また来年も二人六脚で取り組んで行きたいと思います。

皆様もどうか良いお年をお迎えください[ぴかぴか(新しい)]
IMG_2772.JPG

nice!(2)  コメント(0) 

免疫力を維持するキングアガリクス [モニター]

免疫力を維持するサプリで、名前も聞いたことがある「アガリクス」。
以前から興味はあったものの、高品質のサプリ=お値段もそこそこで、なかなか手が出せないのも現実でした。

しかし運よくモニターで「アガリクス犬 猫用(ペット用)」が当選[ぴかぴか(新しい)]

IMG_2710.JPG


さっそくChaiに飲ませてみたのですが・・
まさかのキノコアレルギーの様です[もうやだ~(悲しい顔)]

HPによるとアガリクスの副作用は、キノコアレルギーもしくは豊富な食物繊維によるもの、との記載あり。
Chaiはしめじ、舞茸、エリンギ等は食べたこともあるし、大丈夫だと思っていたのですが、ふと身内に生の椎茸だけにアレルギーが出てしまう者がいる事を思い出しました(苦笑)

丁度皮膚炎の悪化で痒み止めも追加されたので、粘ってみましたが(-∧-;)
効果としては、少し毛並みに艶がでたかな?
腸内環境の改善も期待していたのですが、少し便秘気味のままでした。

折角機会を頂戴したのに申し訳ないのですが、こればっかりは仕方ありません。

Chaiには合わなかったものの、この「アガリクス犬 猫用(ペット用)」は

・人工添加物を加えていない、キングアガリクス100%!
・無農薬の自然露地栽培による、β‐グルカン含有量アップ
・人間用サプリメントのGMP認証工場で製品化されているので、飼い主が飲んでも問題ない品質
・キングアガリクスを研究している機関や学術的データがある

との事で、安心して飲ませられるサプリだと感じました。

IMG_2722.JPG

えり好みするChaiは一粒そのままご飯にいれたら残したのですが、半分に割ったら残さずに食べたので、不味くはないとの事です(笑)
細かく砕きやすい所も、扱いやすくて嬉しいです。

犬も人間も、毎日を元気に過ごせると良いですね[ぴかぴか(新しい)]

IMG_2672 (270x320).jpg

株式会社ケーエーナチュラルフーズさま、どうもありがとうございました。

キングアガリクス100の通販会社ファンサイト参加中
nice!(3)  コメント(0) 

最近の様子と不調のサイン [日常]

あっという間に夏も終わりですね。
8月は雨や曇りが多く、涼しい日もあり、エアコンをお休みできた日が数日ありました!

ただ湿気はそれなりにあった様で、皮膚炎が悪化して、薬を飲んでいても湿疹や痒みが出たり。
秋になり落ち着く事を願います。

夏風邪を引いた飼い主は、2週間以上も引きずり‥9月は胃痛。
Chaiは7月に胃炎になったので、こんなに痛かったのかもしれない!!
と思いを馳せておりました(ーー;)

7月は1回けいれん発作も出てしまい、軽めだけれど長引き、攻撃状態も同時に起こるのが最近の特徴です。
8月は台風が近づいたりしても、特に不調な様子は見られず。
Chaiは気圧の影響をそんなに受けないタイプなのかもしれません。


不調と言えば、Chaiの食欲に変わったサインが出る事を発見しましたΣ(・ω・ノ)ノ

調子が悪いと、お肉、特にささみや、普段ガッツリ食べている手作り食をなかなか食べないのです。
食べたい気持ちはある様で、ご飯を見ると喜びはするのですが、目の前にあっても隠そうとします。

以前は朝にドライフード+トッピングを食べていましたが、一旦鼻で隣に置いてあるベッド等を動かしてご飯を隠し、いらないよとアピールをしていました。
結局は全部食べるのですが(笑)

一方手作り食だと、普段は遊ぶ暇もなくすぐに食べ始めるのですが、
不調っぽい時はご飯をじーっと見つめて、一旦口にいれてもポトッとお皿の外に出してしまいます。


前回の食欲不振の時にもささみは食べず、火を通したまぐろを喜んで食たので、今回も与えてみましたが食べず(ノД`)
むね肉もお豆腐も残し、アレルギーがあるので食べられるたんぱく質は‥
と思いついたのが、緊急時用に残して置いたドライフード。

試にあげてみたら、カリカリと良い音を立てて食べてくれました。
おやつのクッキーも残さずに食べるし、さくさく感が必要だったのかしら。

胃炎が治ってきたら、手作り食もまた喜んで食べる様になり一安心。
調子が悪い時にはささみが良いと言われたりしますが、Chaiには通用しない事が分かりました(・・。)ゞ


ロフトベッドから降りてきたら、並んでいました(笑)
IMG_2634 (320x255).jpg

タグ:発作 食欲 胃炎
nice!(2)  コメント(0) 

一緒に生活がしやすいという事 [日常]

病気の症状として問題行動が起こる場合、完全に抑える事は難しいと思うし、
一緒に生活するという事はやはり楽ではないと思います。

始めは「犬が噛まない事」が目標だと思っていましたが、
行動療法、薬物療法、それでも駄目なら出来るだけ噛まれない様に、噛まれても酷い怪我をしない様に、
と話が進むにつれて、いつの間にか「一緒に生活をしやすい事」が目標となっていました。


正直に言えば、今回の大学病院での受診にてChaiのスペースをとる提案をされた時は、
隔離の様な気がして、一緒に生活をする意味についての葛藤もありました。

普段は出入り口を開けておき自由に出入りも出来、攻撃が起きそうな時は閉じておくので、厳密には隔離とは違うのですが。

Chaiは甘えん坊で抱っこが好きなので、膝の上に居る事も多い一方で、その時に攻撃が起きる事もあります。
その様なお互いの癒しの様な時間も、Chaiのスペースに入れて置かなければならないのか、とか
自分が我慢出来ればその必要はないのか、とか

他から見ればつまらない事かもしれませんが、色々と考えてしまい(・・。)ゞ

よく考えてみれば、先代犬のしいちゃんは番犬だったので、ずっと庭で一匹で過ごしていました。
家族の誰かが帰宅したり、庭に出たりすれば構って貰えますが、室内犬と比べると接する時間はとても短かったと思います。
それでもしいちゃんは楽しそうだったし、私自身も幸せでした。

今は一人と一匹の暮らしで、在宅中は寝ている時以外は引っ付いている(笑)状態が当たり前となっていましたが、
もう少し距離を取っても良いのかもしれないと思い直しました。


攻撃が起きる=脳に刺激を与える度に、反応が起きやすくなる事もあるのだとか。
出来るだけ脳にダメージを蓄積させない為にも、そういった刺激は少なくしたいです。
Chaiの場合は凝視→私が動いた時に攻撃、というパターンが多いので、攻撃が起きそうな状態の時に目に見える物も少ない方が良いみたいです。


当たり前かもしれないけれど、行動診療では犬と飼い主それぞれ、そして両方へのアプローチが必要なのだと改めて感じました。

もちろん躾だけで改善すれば素晴らしいと思いますし、その為には犬だけでなく、飼い主も努力する必要があります。
犬歯切断の話に戻れば、一緒に生活をする上で必要があるならばそういう選択肢があるという事。
ただ削っただけでは攻撃は収まらないという事。

色々な情報を元に、それぞれの犬と飼い主家族にとってより良い選択が出来れば良いなと感じました。


ねじれた格好で寝ているChai(●´艸`)
IMG_2520 (320x240).jpg

真剣に眠っている模様(笑)
IMG_2521 (240x320).jpg
タグ:行動診療

犬歯切断について思う事 [攻撃]

すっかり梅雨らしい天候が続いています[曇り][雨]
Chaiの皮膚炎も悪化[あせあせ(飛び散る汗)]
例年より多く除湿を入れていますが、これはもう仕方がないですね。

さてさて、大学病院の行動診療科の受診では、犬歯切断についても再度確認されました。
抜くのではなく、犬歯を他の歯と同じ高さにする方法です。

今回もその意思はない事を伝えました。

数年前は近くに居て急に噛みつかれる事が多く、手や腕に犬歯が刺さる事もしばしばありましたが、
最近は離れた所から凝視→飛び出すパターンとなり、足を噛まれる事が多いので傷は浅くて済みます。

それに、噛んでしまってもChaiが抑制している様子が分かるので、飼い主側の恐怖はそれ程でもありません。
もちろん痛いし、緊張はしますが、パターンが分かれば慣れてもきます。

Chaiは脳に障害があるので、全身麻酔も出来るだけ避けたいです。
極度の怖がりなので、入院となると心理的な影響も心配ですし‥

なので私とChaiの場合は、犬歯切断はメリットよりもデメリットになりかねません。


ただ怪我が比較的軽くなる事により、飼い主の恐怖心が和らいだり、世話をしやすくなったりする事もあるそうなので、
必要なケースもあるのだと思います。

犬が中・大型犬だったり、小さい子供が居たり、環境や家族構成等、色々な事情があると思います。

噛むからと捨てられて、殺処分になったりしたら‥と考えると元も子もないですし。

もちろん安易に、削れるなら削ってしまえと思って欲しくはありません。
犬歯を切断しても、行動に良い変化が起こる訳ではないし、根本的な問題の解決にはなりません。

削った歯も気を付けなくてはならないし。
それと、特に注意が必要なのは、血が止まりにくい飼い主の方。
出血しなくなっても、打撲による内出血には気を付けなくてはならないそうです。


必ず、行動診療の専門医に診て貰う事をお勧めします。

長くなるので続く。
タグ: 攻撃

大学病院の受診、薬 [攻撃]

先月、年に一回の大学病院の行動診療科の受診がありました[病院]
今回はChaiの検査もなく、かかりつけの獣医に頻繁に通っている事もあり、
お留守番でも良いとの事だったので、飼い主だけで行ってきました。

いつもの様に攻撃回数と使用した薬の表を頂き、一目瞭然で目立つ、昨夏の攻撃増加についての話がメイン。

先生も再度増加する時期が来る事を懸念されていて、

・その時が来たら、服薬では一つだけ試していない、フェノバールとの併用
・環境面では、ケージより大きくスペースを仕切り、ぼーっと凝視を始めた時に視界に動くものが入らない様にする事

を提案され、狭い部屋をなんとか仕切る準備をする事になりました。


そして表を見て気が付きましたが、現在も継続して服用しているイーケプラが、2月で中止になっている事に!
お互いの確認不足だった様で、対面でお話する機会も大切ですね。

価格が高いけれど効果はあるからと、無理して飲ませていました∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
1日2回を1回に減薬して、1か月後に終了する事に。
この時期に止める事に多少の不安もありますが、皮膚炎の方でも高価な薬を使い始めたので、お財布にはありがたい‥。


ブログに書き忘れていましたが、抗うつ薬は一日おきの減薬を経て、今年の2月に終了しました。
元々の性格が怖がりな事もあり、一生継続するのかと思っていましたが、
痙攣発作に影響を及ぼしているかもしれないという事で、止める事になりました。

その後も目立った不安はなく、散歩時に巻き込んでいた尻尾も、斜め下に出ている状態がキープできています(*^^*)
花火や雷、工事音に対する恐怖感も和らいだのか、気にしなくなったのか?
仔犬の時の自信を少し取り戻しつつあるのかもしれません。
悩みながらも使用して良かったです。

体は真っ直ぐなのに、頭だけ横になっている寝姿(笑)
IMG_2527.JPG

トリミングと白髪 [日常]

抜け毛が多いので、トリミングして貰いました[犬]

さっぱりと短くなったら、お尻周りの白い毛が目立つ様になりました(笑)

トリミング1週間前
IMG_2537.JPG

トリミング後
IMG_2561.JPG


光加減が違うので、分かり辛いかもしれませんが(・・。)ゞ
肉眼で見ると、腿の上辺りの茶と白の毛が、段差の様に見えます。


8か月前と比べてみると
首曲げ

現在
IMG_2577 (320x240).jpg


Chaiは下の方から白髪になるのかな[ひらめき]
元々白いお腹の方の毛は、皮膚炎やハーネスで擦れたりして薄くなり、気が付かなかったけれど、
やはり白い毛の面積が広がってきた様な気がします。

小さい頃から背中に数本白い毛が生えていて、若白髪かと思っていたのですが、そこは特に変化なし‥
そういう色だったのね(笑)

白い毛も可愛いヽ(*´∪`*)ノ"
毛が短くなると幼く見えるのでキュート[ぴかぴか(新しい)]
シャンプー時のドライヤーも大分楽になりました。

IMG_2556.JPG


皮膚炎 [日常]

もうGWも終わりですね。
夏日もでてきて、早くもエアコンが活躍する様な時期[晴れ]
冷たいベッドの足に寄り添うChai(笑)

IMG_2512 (320x240) (2).jpg



昨年5月から、抗生剤 → ±痒み止め → +ステロイド → 少し落ち着く → しばらくして赤み(とたまに痒み)が復活
という状態を3クール位繰り返していました。

ステロイドの影響も気になり検索すると、なかなか良くならず長期服用のコも多いみたいで‥
Chaiも例外ではなく、少し良くなったら減薬してから休止するも、しばらくすると悪化するので再度服用という状態でした。
抗生剤もあまり効き目がない様な気がしたのですが、併用した方が良いとの事で継続。

そして2月の始め、膀胱炎疑惑もあったので(←後日記述)抗生剤を別の物に変更。
この薬がすごく苦そうで[ふらふら]
飲ませるのに一苦労ですが、変更してから皮膚の状態も少し改善したような気がします。


シャンプーも毎週頑張り、始めはマラセチアが多いとの事で、セボゾールを使用していたのですが、
ふけも多くなったのでノルバサンに変更。

余談ですが、緊張するとフケも増えるんですねΣ(゚д゚;)
病院の待ち時間に大量に発生し驚きましたが、緊張の所為だったようで、帰宅すると殆ど目立たず。
恐るべし緊張[exclamation×2]


その後、皮膚の赤みと湿疹が酷くなった時に塗り薬を使用してみました。
室内だと危険なので、散歩で抱っこしている間にぬりぬり。
意外と大丈夫でした!(*´∀`*)
ただ内出血の様に赤みがでて(←後日記述)、湿疹もあった為か薬疹と診断され中止。


担当医がお休みだった時に、別の先生の提案で抗ヒスタミン剤も試してみました。
効くと眠くなったり、ぼーっとフラフラしたりする事があるのだとか。
Chaiは何故か逆に活動的になり‥
薬にその様な影響はないとの事でしたが、花粉症の症状も変わらず、皮膚にも効果がなさそうなので中止。


途中、左右順番に外耳炎も発症。
薬を飲んでいるから全身に効きそうなのに、耳は別の薬なのだそう。
よく理解できていない素人ですが(-∧-;)

ただ以前は実家の方の獣医でしか取り扱っていなかった、2週間効く外耳炎の薬が
近所の獣医でも入れて貰える様になったので、とても楽になりました(ノ*゚▽゚)ノ
Chaiには合っているようで、2回通えば外耳炎は完治します。


そんなこんなで、皮膚の薬も合うものを探すのに時間とお金がかかる事が判明(+o+)


行動診療の先生に新薬を教えて貰うも、高価で手が出せず。
となるとやはりステロイドを勧められるのですが、食欲増加や吠え止まない等と不都合が出るので、朝晩完全に手作り食に変更する旨を伝え、ステロイドは使用しない事に決めました。


抗生剤は続ける様に言われ、肌が黒っぽくなってしまっている所はワセリンで保湿。
やっとこさ大分落ち着いてきました。ふぅ[ダッシュ(走り出すさま)]

これからの季節は、暑さと湿気で皮膚炎が酷くなる時期でもあります[バッド(下向き矢印)]
せめてこのままの状態をキープできたらと願っています。

前の10件 | -