So-net無料ブログ作成

代謝と免疫の変化 [日常]

暑くて蒸し暑い日が続きますが、夏バテせずに過ごしたいですね♪
8月上旬に書いたはずの記事が消えていました‥今月中に再度アップしたいと思います。

さて、Chaiの目に「ものもらい」の様なものを発見。
犬でも出来るんですね!
自分は殆ど出来た事がないので検索したら( ..)φ

正式名称は「マイボーム腺炎」、原因は細菌の感染、免疫力が弱い時やアレルギー体質の犬はなりやすいそう。

発見して3日目位の夜、目が開き難そうに見えたので、翌日病院かなと思ったのですが
起きたら膨らみも収まっていたので、結局一週間の様子見でほぼ治りました( ^^)=3
痒みがあったり擦ったりしてしまう場合は、病院で診て貰った方が良さそうです。

慢性の場合は温めて油成分の流れを良くすると改善、という情報も見つけましたが、
Chaiの場合は冷房を切るとできものが目立ったので、一時的な炎症でものもらいと異なる可能性もあります。

暑いと攻撃も出やすいし、昨年辺りから軽い疾患も出るようになってきたので、健康管理に気を付けたい所。

ベッドの脚付近が涼しいみたい。
IMG_1664 (320x222).jpg


夏とネットの情報で思い出しましたが、昨年の初夏に耳の毛が変な抜け方をしたChai。
1か月位で自然に治ったのですが、今年もまた同じ症状が出たので診て貰いました。

耳介の端の毛にフケの様なものがついて、ポロポロと大量に抜けてしまう症状。
毛先に真菌は見当たらないが、ブドウ球菌が増えているとの事で、抗炎症剤を一週間服用。
しかしすぐには治らず、やはり1カ月位症状が続き自然に(?)脱毛も治りました。

ネットで調べたのに名前を忘れてしまい、担当医もその名称は分からなかった様ですが、
今頃思い出して再検索したら、「耳介の辺縁脂漏症」という皮膚の代謝異常の疾患と症状がぴったり。

気になる症状は何でもネット検索してしまいますが、素人が正確な情報かどうかを判断する事は時に危険という事も年頭においています。

暑さ対策の情報も色々ありますが、今年の夏は早めに冷房を入れたのでChaiは吐かずにすみました。
来年の課題は代謝と免疫です。

気持ちよさそうに眠るChai
IMG_1667 (320x229).jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0