So-net無料ブログ作成

発作的な攻撃 [犬の水頭症]

8月ですね[晴れ]
漸く梅雨も明け、暑い日が続いています。

毎夏きゅうりかゴーヤをプランターで育てていますが、
昨年はきゅうり一苗だとやはりグリーンカーテンにするには足りなかったので、今年は二苗購入。
しかし家に着いたら、一苗は折れていたという悲しい出来事があり(´Д`。)
結局カーテンにはならず(笑)今年も収穫だけを楽しんでいます。


Chaiの調子はあまり良くなく、
5月末と6月末に軽めのてんかん発作があり、6月中旬からほぼ毎日の様に攻撃が続いています。

SSRIは半量にしたままなので、薬で癲癇の閾値が下がっているというよりも年齢的なものなのかもしれません。

大学病院の先生によると、
水頭症で元々薄い脳にダメージが蓄積されているのかも、
今までとは何か違った事が起きている、との事でした。

攻撃の状況も、以前は私が近くに居る時に起こっていましたが、
最近はケージ内のベッドに寝そべったまま、少し離れた所に居る私を凝視→
私が立ち上がると勢いよく飛び出して攻撃、という様に変化が見られます。

離れた所からの攻撃から分かる事は、発作なのだろうという事でした。
近くを通ったから怒ったとか、何かを守ったりしている等とは、明らかに異なるからだそう。

手元にイソソルビドがあり、すぐに開始出来るし、梅雨だったので頭痛等もあるかもしれないと思い、
3週間位試してみたのですが、何も変わらず(+o+)

個人的な服用経験から、私の元来の目的である内耳関連の不調に対しては明らかな改善は見られなかったものの、頭痛が軽減された印象があったのですが、
Chaiの場合は頭痛や水頭症の症状ではないのかもしれません。

ちなみに、Chaiの水頭症は成犬になってから発見され、重度だけれど脳脊髄液の亢進は見られない事からも、利尿剤を使用しても変化はないだろうと言われています。
以前服用した時も変化は見られなかったのですが、もしかして頭痛等があるならば、今回は改善の可能性はあるかもしれないと思い試してみました。

他の対処法としては、もう一つ抗癲癇薬があると言うので、現在近所の獣医で取り寄せて貰っている所です。
なんとか穏やかに過ごせます様に。

Chaiはよくこんな格好で寝ます。そんなに首を曲げて、苦しくないのかしら(笑)
IMG_2237 (320x240).jpg
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0