So-net無料ブログ作成

大学病院の受診、薬 [攻撃]

先月、年に一回の大学病院の行動診療科の受診がありました[病院]
今回はChaiの検査もなく、かかりつけの獣医に頻繁に通っている事もあり、
お留守番でも良いとの事だったので、飼い主だけで行ってきました。

いつもの様に攻撃回数と使用した薬の表を頂き、一目瞭然で目立つ、昨夏の攻撃増加についての話がメイン。

先生も再度増加する時期が来る事を懸念されていて、

・その時が来たら、服薬では一つだけ試していない、フェノバールとの併用
・環境面では、ケージより大きくスペースを仕切り、ぼーっと凝視を始めた時に視界に動くものが入らない様にする事

を提案され、狭い部屋をなんとか仕切る準備をする事になりました。


そして表を見て気が付きましたが、現在も継続して服用しているイーケプラが、2月で中止になっている事に!
お互いの確認不足だった様で、対面でお話する機会も大切ですね。

価格が高いけれど効果はあるからと、無理して飲ませていました∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
1日2回を1回に減薬して、1か月後に終了する事に。
この時期に止める事に多少の不安もありますが、皮膚炎の方でも高価な薬を使い始めたので、お財布にはありがたい‥。


ブログに書き忘れていましたが、抗うつ薬は一日おきの減薬を経て、今年の2月に終了しました。
元々の性格が怖がりな事もあり、一生継続するのかと思っていましたが、
痙攣発作に影響を及ぼしているかもしれないという事で、止める事になりました。

その後も目立った不安はなく、散歩時に巻き込んでいた尻尾も、斜め下に出ている状態がキープできています(*^^*)
花火や雷、工事音に対する恐怖感も和らいだのか、気にしなくなったのか?
仔犬の時の自信を少し取り戻しつつあるのかもしれません。
悩みながらも使用して良かったです。

体は真っ直ぐなのに、頭だけ横になっている寝姿(笑)
IMG_2527.JPG
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。