So-net無料ブログ作成

プランター菜園 [日常]

今年初きゅうりの収穫。
Chaiと半分ずつ、美味しく頂きました(*^ー^)ノ♪

PicsArt_1435497751225.jpg

雨の日の翌日は驚くほど植物が成長しているので、梅雨もそう悪くないと思える…かもしれない(苦笑)

生命力溢れる動植物が大好きです。
7,8年前、出窓に設置した小さなプランターにてパセリとミニ大根を育てた事に始まり、
今ではプランター二つと深めの鉢が、狭いベランダの半分近くを占領しています。

ミニトマト、ミニ大根、ラディッシュ、小松菜、ブロッコリー、パセリ、大葉、ゴーヤ。
Chaiも食べられる、なるべく手のかからない初心者用の野菜を育ててきました。

今夏はきゅうりとオクラにチャレンジ。

ベランダ好きのChaiは、植物なんてお構いなしにプランターの上に乗り満足そうな顔をします。

PicsArt_1435500421877.jpg
…この後も危うくオクラを踏み倒す所でしたΣ(゜Д゜)

着苗前に倒され伸び悩み、週末やっと花を咲かせた所なのに、また危機に見舞われるとは災難。
というか、やはりガードが必要ですね(^^;)

土がひんやり気持ち良いのかな?
炎天下でもベランダに出たがり、こくコクリートに寝そべるChaiではありますが…
昨年初めてミニトマトが成っている事には気が付き、かじり付いていました。

なので今年はミニトマトはお休み。他の野菜が無事に収穫出来ますように☆ミ


「きれいなコーヒー」飲んでみました [モニター]

オアシス珈琲の「きれいなコーヒー」をモニターで頂きました。
IMG_1599 (320x240).jpg

珈琲大好きヽ(*´∪`*)ノ"
毎日何杯も飲むので、自宅では質より量、低価格がモットー。
産地は見ても、豆の焙煎度や挽き方、ましてや生豆がきれいかどうかなんて気にしていなかったのですが‥汚れの写真を見てしまうと何も言えません(‥;)

「きれいなコーヒー」はオアシス珈琲独自の特許技術により、生豆に付着した不純物をジェット水流で短時間にきれいに洗浄してから焙煎するので、クリアで豆本来の味を引き出すとの事。
IMG_1607 (257x320).jpg

薄めの苦みのある味で普通においしいのですが、インスタントの様な感じです。
袋を開けた瞬間は香りますが、飲んでいる時に香りが立たないのは少し物足りないかな‥。

もう一つの注目ポイントは、
あまり見かけないバッグタイプの「カップイン・コーヒー」なので、タンブラーに入れて漬けたままでも大丈夫!

その秘密は袋の二重構成にあるのだとか。
IMG_1600.JPG

コップに入れたまま暫く置いたのですが、味も変わらず濃くなりすぎないので便利だと思います。
珈琲を持ち歩く方にお勧めです。

オアシス珈琲様、ありがとうございました。
オアシス珈琲の「きれいなコーヒー」

「きれいなコーヒー」オアシス珈琲ファンサイト参加中
タグ:モニター

「無添加ドッグフード安心」モニターしました [モニター]

届いたので早速試してみました♪
【人が食べられる食材で作った評判の「無添加ドッグフード安心」】
IMG_1584 (240x320).jpg

容量が50gなので、1日目10g、2日目以降約14gで4回に分ける。
微妙な計量誤差があったようですが‥
朝はドライフード、夜は手作りご飯なので、便の状態が分かりやすい朝食で試してみました。
Chaiは割と何でも食べるのですが、念の為に初日だけいつものドライフードを5gプラスし、通常量分になる計算です。

IMG_1591 (460x345) (320x240).jpg

お魚の匂いがします。
粒の大きさはバラバラ、繊維状のものが見えるのも、正に無添加っぽいです。
(生肉の筋や筋膜が乾燥すると繊維状になるそうです)
食いつきも良く、小粒で食べやすそう。
IMG_1587 (460x328) (320x228).jpg

あっという間に完食!
もっとないのー?と言いたげにキッチンまで来たのが、美味しかった証拠です(^^)


ポイント① 無抗菌
 今まで防腐剤や抗酸化剤、着色料の表示は気にしていたけれど、抗菌剤はチェック漏れでした。
抗菌剤を使用しない事で、善玉菌を増やして腸本来の機能をもどすそう。

Chaiはしっかり朝食分だけ軟便になったのですが、2週間位で乳酸菌が増えて良い状態になるそうです。

ポイント② 給餌量が一般的なフードの約半分
 栄養価の高いバランスの良い食事なので、少量でも必要な栄養が摂取出来るそう。
満足するのか心配でしたが、少し足りない素振りは見せたものの吠えて要求したりはしませんでした。

ポイント③ 多種(牛・豚・鶏・馬・魚)の食用生肉を使用、ローテーションの必要がない
 実はChaiは牛と豚肉、一部の青魚にアレルギーがあり、以前は少量食べさせたりもしていましたが、最近は鶏肉の出番が多い為【偏った一種類の動物性タンパク質を食べ続けることによる食物アレルギーの回避】という言葉が気になっていました!
 既にアレルギーが分かっているので口周りに少し赤みが出てしまいましたが、今は平気なコでも、多種のお肉の摂取、もしくはドライフードを2種類以上混ぜたり、ローテンションさせる事は個人的にもお勧めです。

ドッグフード無添加安心本舗様、サンプルを頂きありがとうございました(*^^*)

安心・安全で評判の無添加安心本舗ファンサイト参加中

ドッグフード無添加安心本舗
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ガバペンその後と半年振りの大学病院 [犬の水頭症]

ガバベン開始後5か月。
発作も止まり、攻撃も一時期より減り、Chaiには合っているみたいです。

散歩に行こうとするとハウスに引きこもる時期もあった位、外が少し怖いChaiですが、
服用開始後しばらくすると、1日2回散歩が出来る程、心身共に元気になり
やっと犬らしくなった!?ヽ(*´∪`*)ノ"

と喜んだのもつかの間、翌月には1回に戻り、最近は蒸し暑いからか距離も短くなってきましたが‥。
3-4月の毎年活発になる時期が過ぎでも、起きている時間が増えて元気そう。


4月に大学病院でMRIを撮る予定だったのですが、行ってみると問診でそんなに元気ならと急遽中止。
発作が数か月なかなか止まらなかった為、先生は脳炎を疑いMRI検査した方が良いと思ったそうですが、発作回数が増えていった訳ではないので可能性は低いのだそう。
検査費用も結構かかるので、正直ありがたいです(・・。)ゞ テヘ

MRIを撮った様子でイソバイドの再開を検討する事になっていましたが、今の様子だと飲ませずに済みそうです。
血液検査をして貰い、会陰ヘルニア疑惑のお尻も、サっと触り便が詰まった感じはないとの事。

かかりつけ獣医では、Chaiのお尻を触って貰う為に、カラーをし抱っこしたり歩かせたり、触れるポジションを作るのに30分位かかり大変だったのに‥わずか数秒で済むなんてΣ( ̄□ ̄ ||
さすがに慣れていらっしゃいます。

検査結果ではヘマトクリット値が大分増えていたので、発作との関連があったかもとの事。
今後は定期的に測定して様子を見て行く事になりました。


かかりつけ医師からは麻酔の危険性を何度も聞かされてきたので、実際に使うのは「鎮痛剤」であっても、やはりMRI検査後にちゃんと起きてくるかが未だに不安な私。
加えてChaiの老化現象が段々と見えてきたので、緊急時を除けば今回が最後のMRI検査のチャンスかな、と勝手に想像していたのですが、
MRIは撮らない事になり少し拍子抜け、でも元気で何より!ホっとしました。

実際に年齢的な面では10歳を過ぎると気付が悪い事も増えてくるとは言われているものの、そんなに心配する程の件数ではないそうです。

IMG_1542 (320x221).jpg
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

攻撃を診て貰う [攻撃]

書きたい事は沢山はあるのに、いざ文章にすると何だか違う出来事の様に思えたり、きちんと伝えられていない様な気持ちにもな。
書き留めているメモを何度も校正していると、明日、また明日と伸びてしまいます(^^;)

普段は感じなくても、人とのコミュニケーションは大事ですね。
インプットだけでアウトプットしないと、明らかに思考や言語能力の低下が垣間見れます‥
まだ若いと思っていても使わない能力は確実に低下します(苦笑)


前置きが長くなりましたが、遡る事2月。
以前から攻撃中の動画が取れたら見せて欲しい言われていたのですが、
いつ始まるか予測がつかず、攻撃中に私が動くと興奮が高まったり怪我が深くなりやすいので、なかなか撮影の機会がありませんでした。

しかし、徐々に原因が特定できる恐怖性や所有制の攻撃が出なくなり、
突発的だった攻撃の前兆も見え始め、てんかん発作に伴い攻撃も増えていた2月、
ついに攻撃直前のChaiの写真と、比較的軽めの攻撃中の動画撮影に成功[映画]

早速大学病院の先生に見て貰うと、
Chaiの意思とは無関係に噛んでいる様に見え、やめたいけれどやめられないという印象を受けたとの返事を頂きました。

この言葉を聞いて、本当に報われたというか、とても勇気づけられました。


この3年間、基礎トレーニングに始まり、攻撃の都度様々な対応を試みて、少しでも攻撃が減る様な努力をしてきました。
昨年あたりから「疾患から攻撃が起こる」可能性が強くなり、薬の種類や量も調節しましたがなかなか上手くいかず。

書籍やウェブ上で問題行動について調べれば、主従関係がなっていない、飼い主が上手く躾けられていない、犬を理解していない等々の文字が並び、
一人暮らしでの飼育や躾を考えると全ての責任は私にあり、責められている様な気持ちにもなりました。


ヒトは遺伝と環境の相互作用で行動が成り立つとも言われますが、犬もそうだとしたら環境面ではその殆どが私の影響を受けていると考えられ、
私自身が病気による行動や思考の制限を受けているのであれば、それがChaiに伝わっているのかもしれない。

どんなに努力しても、勉強しても、一緒に暮らしているただ一人の人間が病気だから駄目なんだ。
いつも間にかそう思う様になっていました。


またChaiの攻撃状況の報告は、出来るだけ客観的に伝える努力をしていましたが、同じ様な内容が続く事も多くなり、
他の人が見たらまた違った気付きがあるかもしれないと、段々と自分の観察能力にも自信が持てなくなり(-_-;)

攻撃パターンが一定化した事で過ごしやすくはなったものの、
行動療法で出来る事はなく、今後は薬物療法で(診ていく)と言われた後は特に、観察する以外に自分が出来る事はなく、
攻撃中に一生懸命呼びかけても、こちらを向いて必死に牙を剥き続けるChaiを見て、止められなくてごめんねと涙が出た事もありました。


そういった負の感情を覆してくれたのが先生の言葉でした。
動画を見て共感して貰えた事は、自分が報告し感じてきた事を肯定し、間違いではなかったと自信を与えてくれるものでした。

診察の対象は動物ですが、やはり飼い主もしっかり向き合い努力する事が大切だと再確認できました。
タグ: 攻撃
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット