So-net無料ブログ作成
検索選択

一緒に生活がしやすいという事 [日常]

病気の症状として問題行動が起こる場合、完全に抑える事は難しいと思うし、
一緒に生活するという事はやはり楽ではないと思います。

始めは「犬が噛まない事」が目標だと思っていましたが、
行動療法、薬物療法、それでも駄目なら出来るだけ噛まれない様に、噛まれても酷い怪我をしない様に、
と話が進むにつれて、いつの間にか「一緒に生活をしやすい事」が目標となっていました。


正直に言えば、今回の大学病院での受診にてChaiのスペースをとる提案をされた時は、
隔離の様な気がして、一緒に生活をする意味についての葛藤もありました。

普段は出入り口を開けておき自由に出入りも出来、攻撃が起きそうな時は閉じておくので、厳密には隔離とは違うのですが。

Chaiは甘えん坊で抱っこが好きなので、膝の上に居る事も多い一方で、その時に攻撃が起きる事もあります。
その様なお互いの癒しの様な時間も、Chaiのスペースに入れて置かなければならないのか、とか
自分が我慢出来ればその必要はないのか、とか

他から見ればつまらない事かもしれませんが、色々と考えてしまい(・・。)ゞ

よく考えてみれば、先代犬のしいちゃんは番犬だったので、ずっと庭で一匹で過ごしていました。
家族の誰かが帰宅したり、庭に出たりすれば構って貰えますが、室内犬と比べると接する時間はとても短かったと思います。
それでもしいちゃんは楽しそうだったし、私自身も幸せでした。

今は一人と一匹の暮らしで、在宅中は寝ている時以外は引っ付いている(笑)状態が当たり前となっていましたが、
もう少し距離を取っても良いのかもしれないと思い直しました。


攻撃が起きる=脳に刺激を与える度に、反応が起きやすくなる事もあるのだとか。
出来るだけ脳にダメージを蓄積させない為にも、そういった刺激は少なくしたいです。
Chaiの場合は凝視→私が動いた時に攻撃、というパターンが多いので、攻撃が起きそうな状態の時に目に見える物も少ない方が良いみたいです。


当たり前かもしれないけれど、行動診療では犬と飼い主それぞれ、そして両方へのアプローチが必要なのだと改めて感じました。

もちろん躾だけで改善すれば素晴らしいと思いますし、その為には犬だけでなく、飼い主も努力する必要があります。
犬歯切断の話に戻れば、一緒に生活をする上で必要があるならばそういう選択肢があるという事。
ただ削っただけでは攻撃は収まらないという事。

色々な情報を元に、それぞれの犬と飼い主家族にとってより良い選択が出来れば良いなと感じました。


ねじれた格好で寝ているChai(●´艸`)
IMG_2520 (320x240).jpg

真剣に眠っている模様(笑)
IMG_2521 (240x320).jpg
タグ:行動診療
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

トリミングと白髪 [日常]

抜け毛が多いので、トリミングして貰いました[犬]

さっぱりと短くなったら、お尻周りの白い毛が目立つ様になりました(笑)

トリミング1週間前
IMG_2537.JPG

トリミング後
IMG_2561.JPG


光加減が違うので、分かり辛いかもしれませんが(・・。)ゞ
肉眼で見ると、腿の上辺りの茶と白の毛が、段差の様に見えます。


8か月前と比べてみると
首曲げ

現在
IMG_2577 (320x240).jpg


Chaiは下の方から白髪になるのかな[ひらめき]
元々白いお腹の方の毛は、皮膚炎やハーネスで擦れたりして薄くなり、気が付かなかったけれど、
やはり白い毛の面積が広がってきた様な気がします。

小さい頃から背中に数本白い毛が生えていて、若白髪かと思っていたのですが、そこは特に変化なし‥
そういう色だったのね(笑)

白い毛も可愛いヽ(*´∪`*)ノ"
毛が短くなると幼く見えるのでキュート[ぴかぴか(新しい)]
シャンプー時のドライヤー大分楽になりました。

IMG_2556.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

皮膚炎 [日常]

もうGWも終わりですね。
夏日もでてきて、早くもエアコンが活躍する様な時期[晴れ]
冷たいベッドの足に寄り添うChai(笑)

IMG_2512 (320x240) (2).jpg



昨年5月から、抗生剤 → ±痒み止め → +ステロイド → 少し落ち着く → しばらくして赤み(とたまに痒み)が復活
という状態を3クール位繰り返していました。

ステロイドの影響も気になり検索すると、なかなか良くならず長期服用のコも多いみたいで‥
Chaiも例外ではなく、少し良くなったら減薬してから休止するも、しばらくすると悪化するので再度服用という状態でした。
抗生剤もあまり効き目がない様な気がしたのですが、併用した方が良いとの事で継続。

そして2月の始め、膀胱炎疑惑もあったので(←後日記述)抗生剤を別の物に変更。
この薬がすごく苦そうで[ふらふら]
飲ませるのに一苦労ですが、変更してから皮膚の状態も少し改善したような気がします。


シャンプーも毎週頑張り、始めはマラセチアが多いとの事で、セボゾールを使用していたのですが、
ふけも多くなったのでノルバサンに変更。

余談ですが、緊張するとフケも増えるんですねΣ(゚д゚;)
病院の待ち時間に大量に発生し驚きましたが、緊張の所為だったようで、帰宅すると殆ど目立たず。
恐るべし緊張[exclamation×2]


その後、皮膚の赤みと湿疹が酷くなった時に塗り薬を使用してみました。
室内だと危険なので、散歩で抱っこしている間にぬりぬり。
意外と大丈夫でした!(*´∀`*)
ただ内出血の様に赤みがでて(←後日記述)、湿疹もあった為か薬疹と診断され中止。


担当医がお休みだった時に、別の先生の提案で抗ヒスタミン剤も試してみました。
効くと眠くなったり、ぼーっとフラフラしたりする事があるのだとか。
Chaiは何故か逆に活動的になり‥
薬にその様な影響はないとの事でしたが、花粉症の症状も変わらず、皮膚にも効果がなさそうなので中止。


途中、左右順番に外耳炎も発症。
薬を飲んでいるから全身に効きそうなのに、耳は別の薬なのだそう。
よく理解できていない素人ですが(-∧-;)

ただ以前は実家の方の獣医でしか取り扱っていなかった、2週間効く外耳炎の薬が
近所の獣医でも入れて貰える様になったので、とても楽になりました(ノ*゚▽゚)ノ
Chaiには合っているようで、2回通えば外耳炎は完治します。


そんなこんなで、皮膚の薬も合うものを探すのに時間とお金がかかる事が判明(+o+)


行動診療の先生に新薬を教えて貰うも、高価で手が出せず。
となるとやはりステロイドを勧められるのですが、色々と不都合が出るので(←後日記述)
朝晩完全に手作り食に変更する旨を伝え、ステロイドは使用しない事に決めました。


抗生剤は続ける様に言われ、肌が黒っぽくなってしまっている所はワセリンで保湿。
やっとこさ大分落ち着いてきました。ふぅ[ダッシュ(走り出すさま)]

これからの季節は、暑さと湿気で皮膚炎が酷くなる時期でもあります[バッド(下向き矢印)]
せめてこのままの状態をキープできたらと願っています。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

8歳の誕生日 [日常]

5月5日はChaiの8歳の誕生日でした(*´∀`*)おめでとう[ぴかぴか(新しい)]

振り返れば、この一年は毎週の様に病院通い。
皮膚炎、外耳炎、尿路結石、内出血と貧血‥色々ありましたが、
一先ず落ちつき、元気に誕生日が迎えられて良かったです[犬]

4月に一回痙攣発作がおきたものの、合う薬が見つかった事で攻撃頻度も落ち着き、普通に過ごせる日々を幸せに感じています。

春は変化の季節。
気圧の変化も激しい為か、他の方のブログを見ていても、癲癇発作や問題行動が悪化するコも多いみたいです。

Chaiの場合は、気圧の変化との関連はそれほど深くない様ですが、常に波があります。
また攻撃や痙攣発作が続く時がくるかもしれない、と行動の先生からも言われているので、
その時は私もドンと構えられる様に、心の準備[パンチ]

色々と心配も多いけれど、これからも美味しくご飯を食べ、たっぷりと寝て、
Chaiらしく過ごせると良いなと思います。


何やらドアの方を見つめるChai
IMG_2461 (320x240).jpg

膝の上でウトウトするのを眺める至福の一時
IMG_2488 (320x240).jpg

たまにキーボードが枕代わりに(笑)
IMG_2509 (320x240).jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

急性胃腸炎 [日常]

もう1月も終わりですが、2017年[NEW]
元気に楽しく過ごしたい!

と思うのですが、
新年早々、Chaiは大変な思いをしてしまいました(ノД`)・゜・。

2日の早朝から何度も吐血。
お正月で病院は何処もお休み。こんな時に(+o+)

異物を吐き出した後、午後は1回の嘔吐のみで元気があり、痛みもなさそうなのが不幸中の幸いでした。

3日も元気はあり、吐血はしないが、薬を混ぜた少量のバナナとヨーグルトを与えても戻してしまう。
夜中に嘔吐が再発し、水も受け付けず調子が悪そうになり[がく~(落胆した顔)]

元々Hct値が高めなので、余計に脱水が心配だったのですが、
皮膚を摘まんで調べるとちゃんと元に戻る。ホッ

一応徒歩圏内に、余程緊急でないと帰されるらしい(!)救急病院があるので、いざとなったら走るつもりで、
でもそんな事態にならない様に、早く夜が明ける事を祈りながら、長い夜を過ごしました。

そして4日、待ちに待った病院再開。
調子が悪いと触らせてくれないかと思いましたが、すんなり抱っこ。
キャリーバックに入れても、いつもの様な半立ちで半分抱っこではなく、首だけを出して大人しく座る。
こんな時でも周囲警戒・観察は怠らないChai[犬]

診察でやはり皮膚の張り具合をチェック(摘まむだけではなく捻るのか!)
そして血液検査とレントゲン撮影。

脱水とストレス・炎症値が高く、腹部に小さな影あり。
便が写る事もあるそうなので、バリウム検査の為にChaiを病院に預け、私は一旦帰宅。

夕方、病院からバリウムは通ったとの電話があり、一安心[ダッシュ(走り出すさま)]
ただ影が残っているので、再度バリウムを飲ませてレントゲンを撮りたいとの事。

結局、影は傷ついた跡だと思われ、皮下点滴をしてChaiも入院せずに帰宅出来ました。

急性胃腸炎として処置をしたが膵炎の可能性もあると言われ、嘔吐が継続しないか心配でしたが、
翌日下血で異物の残りらしき物も排出され、嘔吐もなく、ご飯も食べられるように。

元気に快食・快便・快眠出来る事の幸せを噛みしめております‥[もうやだ~(悲しい顔)][ぴかぴか(新しい)]


しかし、いつ、何処で、何を口にしたのか、
プラスチックの塊みたいなゴツゴツした物体は謎のまま。

皮膚の治療でステロイドを服用しており、食欲が増加していたので気を付けていたつもりでした。
異変の前日まで実家に居たので、目を離している隙に飲み込んでしまった可能性も。
いつもの様な一目で見渡せる部屋ではないのに、大人の目も多いので油断しがち‥
こたつの上に物も溢れていたしΣ( ̄□ ̄ ||

Chaiは四ヶ月時に鶏の骨を丸飲みしてしまい、一度開腹手術を受けた事があります。
犬生の中で二度も誤飲で手術になりそうだなんて、Chaiに合わせる顔なんてないし、犬を飼う資格なんてない!!と猛省しました。

実家に入れ替わりにやってきた姉家族の為にこたつの上は奇麗にされたと聞き、腑に落ちず。
犬だって私にとっては子供の様な存在です。

でも落ち着いて考えれば、片付けて貰えないなら自分で片付ければ良かったと。
もしくは吠えたって何だって、出入り禁止にする等。
飼い主である私がChaiの安全を守らなくてどうするのだ![パンチ]

一人だと急病の時に直ぐに誰かに相談出来なかったり、不安になったりもしますが、
環境や躾の面では、良くも悪くも一人で決められる事は楽なのかもしれません。
犬と暮らす事で学ぶことはまだまだ沢山ありそうです。

窓際で日向ぼっこしながらウトウト[眠い(睡眠)]
IMG_2324 (320x242).jpg
タグ: 胃腸炎
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

皮膚炎の経過、大学病院での再診 [日常]

早くも梅雨の様な天候が続いています[曇り]

Chaiの皮膚炎もなかなか良くならず。
抗生物質では改善が見られず、検査の結果マラセチアの数が多いのだとか。

Chaiはお湯は好きな様子ですが、シャンプー剤が苦手。
シャンプー剤をつけたまま5分置くは難しいし、タオルドライも怖がるので、頻繁にシャンプーするのは避けたいのですが‥
真菌剤は高価なので、一先ず薬用シャンプーを頑張ってみてくださいと言い渡されてしまい、悶々とシャンプーする機会を狙っております(´Д`。)

抗生剤は続けているのですが、耳の毛もまた変な抜け方をし始めました。
こちらはもう3年目なので、きっと年齢や季節的な影響なのでしょうね。


今月は大学病院での行動と外科両方の再診もありました。

行動は今までの薬と攻撃の関連の話と、今後の治療方針について。
診察室内でリードを離して良いと言われ、試してみたら隅々まで探検し、先生方のにおいも嗅ぐ事が出来ました(^^)
こんなに探索しましたっけ?と言われる位、興味津々。
一通り嗅ぎ回ったら、抱っこ抱っこと戻ってきましたが(笑)
SSRIを減量した後も、調子は良さそうです。

その後外科の先生による会陰ヘルニアの経過観察。
状態は悪化していないので、やはり神経の影響が大きいだろうとの事。
特に変わりがなければ、再診は一年後の行動の再診時と一緒で良いそう♪
良かった良かった。

前回さつまいもを食べさせると良いと言われ、食事に出す回数を増やしたのですが、その方法はChaiに合っている様だとの事。
皮膚炎も食事で改善出来ると良いのですが‥
もう一度、新たなアレルギーが出る食材がないか、気を付けてみたいと思います。

今年もクールマットの季節に。
早速乗りはしたものの、特に涼しく感じている様ではないです(^_^;)
IMG_2184 (320x240).jpg
IMG_2185 (320x208).jpg
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

最近の色々 [日常]

5月5日で7歳になりました[バースデー]
人間で言うと40代中半ですが、そろそろシニア食への変更も考える時期になったなんて!
早い早い。

IMG_2155 (240x320).jpg

4月はてんかん発作も出ずに割と元気に過ごせたChai。
抗てんかん薬の変更を検討しましたが、2年前にSSRIを服用し始めてから発作回数が増えたこともあり、そちらの減薬を試す事にしました。

現在は不安からの攻撃はほとんど出ていないのですが、習慣が身についていれば、薬を止めても攻撃が再発する事もないそう。
雷や花火の時期が少し心配ですが‥
これで発作が減るのか様子を見て、不安も大丈夫そうならSSRIは止める方向です。


もう一つ、皮膚炎の話。
一昨年、昨年とこの時期は耳の脱毛が気になリ始めた頃なのですが、今年はフサフサしているので安心していたら、
鼻、お腹、後足の内側が真っ赤になってしまいました。

朝食時に鼻を擦りつける癖があるので、転々と血が付いてしまい、毎日繰り返すのでなかなか良くならなかったのですが、Chaiの鼻の上に軟膏を塗るのは至難の業。
受診を悩んでいる内に鼻は良くなったので一安心でした。

お腹も赤いとは思っていたのですが、赤みが強まったり和らいだりして、気温の上昇や花粉症の影響もあり、獣医に行くタイミングが掴めず(・・;)
トリミングして貰い、よく見ると後肢の内側まで赤くなり、時たま痒そうに噛んでいたのでやっと受診を決意。

肌が少し黒くなっており、慢性化して皮膚が固くなってきているのだそう。
指間炎の時ほどガジガジ噛んでなかったので油断しており、ごめんね。
抗生物質で経過観察です。
早く良くなります様に!

ぬいぐるみを齧ってウトウト。
IMG_2169 (320x240).jpg

タグ: 皮膚炎
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

大学病院 外科受診 [日常]

冬らしく冷え込んだと思ったら、もう春の陽気を感じられるようになりました。
とは言ってもまだ2月、明日はまた冷え込むそうです。
風邪やインフルエンザが流行っているので、お気を付けください。

Chaiは大学病院の外科で診察を受けてきました[病院]
その結果、会陰ヘルニアというよりも、肛門の神経に問題がある様子。
すぐに手術をしても、便が少し出難い等の症状は変わらないだろうとの見解で、
内科や行動診療科の先生とも相談してみるので、経過を観察しましょうとの事でした。

脊髄から伸びている肛門周辺の神経が鈍いみたいで、元々肛門の左右の筋肉が緩いのではないかというお話。
Chaiの場合、肛門の下側が膨れたり引っ込んだりするのですが、下側の筋肉は確かに緩くなっているのだそう。
触診でそんな事まで分かるなんて驚きましたが、大学病院で看て貰った甲斐がありました。


受診前は、手術の心配や、Chaiが数日入院すると寂しくなるなぁと思っていましたが、
杞憂に終わりほっとしたのも束の間、他にも問題があったのかと複雑な気持ちに。

でも4歳で水頭症が分かった時に言われた事、
「(4歳まで)よく頑張ってきたね、(攻撃や発作の他は)普通に暮らせてきたのは奇跡的」
を思い出し、6歳半まで快便だったのだから!と思い直しました。


後日、いつもお世話になっている行動診療の先生から連絡があり、
原因については特定できていない状態だが、可能性としては水頭症か、脊髄の問題が考えられるとの事。

特定するには脊髄のMRI検査が必要になるのだそうですが、一先ず症状が進行性のものなのか経過をみていきます。

いつもの様に、Chaiの寝ている姿が見られて安心です。


最近ガラスの扉をガリガリ引っ掻いて、開けては中の物を噛むChai。
何年も同じ物が入っているのに、何故今更(^^;)
IMG_2086 (240x320).jpg
IMG_2085 (240x320).jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ガバペン増量と他の疾患 [日常]

暖冬で過ごしやすかった冬も一遍、首都圏でも雪が積もりました。
今日も午後から雪の可能性。
皆さんも温かくしてお過ごしください。

Chaiはガバペンを飲み始めて一年経過。
その後発作も起こらず、元気に過ごしているのですが、攻撃はもう少し薬で抑えられるのではないかという話になり、20/kgから30/kgに増量する事になりました。
雪が降る様な低気圧が来るとだいたい攻撃が出るので、その辺も要観察です。


そして別の疾患の話となりますが、
1年以上経過観察状態だった会陰ヘルニアが悪化し、肛門の片側にお部屋が出来てしまっているとの事。

近所の病院では、便を柔らかくしたりする内科的処置もあるけれど、早めに手術をした方が逆側への再発リスクも低いとのお話。
二次対応病院での手術となるので、来月初めに大学病院で診察して貰う事になりました。

必要に応じてすぐに手術の予定ですが、水頭症とてんかんの兼ね合いもあるので、予め強めの発作を抑える薬を飲ませて手術をするか、経過観察になるのか?まだ分かりませんが。


もう一つ、こちらも一年前から気になっていたのですが、冬になるとたまにトイレを失敗する事。
冬は床にパズルマットを敷くので、それが気になるのかなと思ったり、認知症の症状がもう出てしまったのかと思ったり。

些細な事でも大学病院の先生に聞くと早いので、攻撃状況と一緒に報告すると、冬は膀胱炎が増えるとの助言を頂きました。
単にここで良いかなと気まぐれでトイレを失敗してしまう可能性もあるとの事でしたが(笑)

尿検査をしたら細菌が多いとの事で、細菌性膀胱炎の様です。
抗生物質を一週間服用して様子を見ていますが、発見出来て良かった!

気になるけれど、病院に行く程の事ではないかな‥と躊躇してしまう事があります。
費用の事だったり、緊張して震えたり、他の人を噛まないかという不安や、飼い主の体調が悪かったり(汗)
でも重い腰をあげる事が解決に繋がるのだと改めて思いました。

頼りになる先生と出会えた事にも心から感謝しています。
何かと心配事の多いChaiですが、どんと構えたいです!

何故だか寒くなると上に登りたがるChai、スツールの上で寝ていました。
IMG_2069 (240x320).jpg
IMG_2073 (320x252).jpg

季節性 [日常]

普段は昼寝ばかりしているChaiですが、半年に一度、1か月位続く活発な時期があります。
丁度この1か月がそうだったのですが、大抵春と秋。

昼間も起きていたり、家中の様々な物を物色し、持ち出しては所有欲をギラつかせ、普段は目もくれない物に興味津々。

水頭症と判った時に「障害犬」だと言われてもピンとこなかったのですが、こんなに活発なChaiを見ると、本来ならこうなのかもしれないと思う位、普段とは違います。

毎年この時期でも攻撃は出るのですが、今年は少な目。
でも気になる症状が出たので、大学病院の先生に聞いてみました。

それは、頭部の震えと、温かい日の体の震え。

丁度一年前の記事でもチラッと書いたのですが、何もせず静止している時に頭が小刻みに震える事が何度かあり、
「頭部震せん」という老化現象の一種だと教えて貰ってはいたものの、昨年と同じ時期に出たので念の為に報告。

体の震えも、朝晩冷えてきたとは言え、室内が25度あり温かいと感じる日に震えていたので気になり。
Chaiはとても寒がりですが、老化現象だとしたら更に冷え性になったのかな?
いくらなんでも暖房は早すぎるでしょΣ(・oノ)ノ

一番心配な事は、部分発作だとしたら見逃しているかもしれないという事。
元気な時期と重なるので何か原因があれば分かるかなと思いつつ。


結果、震え自体は殆どの場合問題がないとの事でした(*'∇'*)
季節性だとしても悪化しなければ大丈夫。

震えが徐々に全身に広がり発作になる場合や、ガクガク震えたり、ご飯が上手く食べられない位に頭が震えたりする場合は異常。
Chaiの様に一時的に少し震えるだけの場合は大丈夫なのですね。
お騒がせしたけれど、勉強になりました( ..)φ

ストレスや不安で現れやすくなる事もあるのだとか。
うーん、どちらかと言うと、この時期は目がキラキラしているので大丈夫そう。

震えとてんかん発作の違いがよくわかっていない飼い主でした(ノД`)

喉気持ち良いけれど、机の上が気になる~
IMG_1897.JPG

と思ったらやっぱり吠えた
IMG_1900.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。