So-net無料ブログ作成
検索選択

最近の色々 [日常]

5月5日で7歳になりました[バースデー]
人間で言うと40代中半ですが、そろそろシニア食への変更も考える時期になったなんて!
早い早い。

IMG_2155 (240x320).jpg

4月はてんかん発作も出ずに割と元気に過ごせたChai。
抗てんかん薬の変更を検討しましたが、2年前にSSRIを服用し始めてから発作回数が増えたこともあり、そちらの減薬を試す事にしました。

現在は不安からの攻撃はほとんど出ていないのですが、習慣が身についていれば、薬を止めても攻撃が再発する事もないそう。
雷や花火の時期が少し心配ですが‥
これで発作が減るのか様子を見て、不安も大丈夫そうならSSRIは止める方向です。


もう一つ、皮膚炎の話。
一昨年、昨年とこの時期は耳の脱毛が気になリ始めた頃なのですが、今年はフサフサしているので安心していたら、
鼻、お腹、後足の内側が真っ赤になってしまいました。

朝食時に鼻を擦りつける癖があるので、転々と血が付いてしまい、毎日繰り返すのでなかなか良くならなかったのですが、Chaiの鼻の上に軟膏を塗るのは至難の業。
受診を悩んでいる内に鼻は良くなったので一安心でした。

お腹も赤いとは思っていたのですが、赤みが強まったり和らいだりして、気温の上昇や花粉症の影響もあり、獣医に行くタイミングが掴めず(・・;)
トリミングして貰い、よく見ると後肢の内側まで赤くなり、時たま痒そうに噛んでいたのでやっと受診を決意。

肌が少し黒くなっており、慢性化して皮膚が固くなってきているのだそう。
指間炎の時ほどガジガジ噛んでなかったので油断しており、ごめんね。
抗生物質で経過観察です。
早く良くなります様に!

ぬいぐるみを齧ってウトウト。
IMG_2169 (320x240).jpg

タグ: 皮膚炎
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

発作と薬 [犬のてんかん]

関東では桜も開花し、大分温かい日も出てきました。

華やかな気分とは裏腹に、この時期は何かと不調なChaiと飼い主です(TT)

1月にガバペンを増量した後、朝は壁を凝視してボヤーっとしたり、眠る時間が長くなったChai。
その反動か、夜になるとイタズラが増え、色々な所を物色し、かじったり引っ掻いたり‥
そこから攻撃に至る事もあります。

大学病院の先生と相談し、ガバペンを元の量に戻したのですが、
そしたら今度は発作が起きてしまいました。2度も。

薬の調整が難しい(´へ `;)

フェノバールの方が攻撃行動に効く事が多いそうなので、次の手の候補になっています。

Chaiはてんかん発作が起きた始めの頃からエクセグランを飲んでいます。
かかりつけ獣医の第一選択薬、というか当時はそれしか扱っていませんでした。

幸いにも飲み始めてからしばらく発作が出ず、現在も発作が出ても軽く済んでいるので、
Chaiに合っているとは思います。
しかし、薬でもう少し攻撃行動が抑えられるはず、と聞くと挑戦してみようかなと思ったり。

2年位前に一度フェノバールに変更した事があったのですが、食欲が増して夜吠え続けてしまうので、
私の耳の調子も悪くなり、1、2か月で元のエクセグランに戻しました。
服用期間も短かったので、その間の攻撃行動に変化は見られなかったのですが、長期服用すれば効果があるのかどうか。

Chaiが初めて発作を起こして倒れた春からもう5年が経ちます。
5月の誕生日が来れば、シニア食の域になるだなんて、なんだか信じられません。
IMG_2103 (320x240).jpg

タグ: てんかん
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

大学病院 外科受診 [日常]

冬らしく冷え込んだと思ったら、もう春の陽気を感じられるようになりました。
とは言ってもまだ2月、明日はまた冷え込むそうです。
風邪やインフルエンザが流行っているので、お気を付けください。

Chaiは大学病院の外科で診察を受けてきました[病院]
その結果、会陰ヘルニアというよりも、肛門の神経に問題がある様子。
すぐに手術をしても、便が少し出難い等の症状は変わらないだろうとの見解で、
内科や行動診療科の先生とも相談してみるので、経過を観察しましょうとの事でした。

脊髄から伸びている肛門周辺の神経が鈍いみたいで、元々肛門の左右の筋肉が緩いのではないかというお話。
Chaiの場合、肛門の下側が膨れたり引っ込んだりするのですが、下側の筋肉は確かに緩くなっているのだそう。
触診でそんな事まで分かるなんて驚きましたが、大学病院で看て貰った甲斐がありました。


受診前は、手術の心配や、Chaiが数日入院すると寂しくなるなぁと思っていましたが、
杞憂に終わりほっとしたのも束の間、他にも問題があったのかと複雑な気持ちに。

でも4歳で水頭症が分かった時に言われた事、
「(4歳まで)よく頑張ってきたね、(攻撃や発作の他は)普通に暮らせてきたのは奇跡的」
を思い出し、6歳半まで快便だったのだから!と思い直しました。


後日、いつもお世話になっている行動診療の先生から連絡があり、
原因については特定できていない状態だが、可能性としては水頭症か、脊髄の問題が考えられるとの事。

特定するには脊髄のMRI検査が必要になるのだそうですが、一先ず症状が進行性のものなのか経過をみていきます。

いつもの様に、Chaiの寝ている姿が見られて安心です。


最近ガラスの扉をガリガリ引っ掻いて、開けては中の物を噛むChai。
何年も同じ物が入っているのに、何故今更(^^;)
IMG_2086 (240x320).jpg
IMG_2085 (240x320).jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ガバペン増量と他の疾患 [日常]

暖冬で過ごしやすかった冬も一遍、首都圏でも雪が積もりました。
今日も午後から雪の可能性。
皆さんも温かくしてお過ごしください。

Chaiはガバペンを飲み始めて一年経過。
その後発作も起こらず、元気に過ごしているのですが、攻撃はもう少し薬で抑えられるのではないかという話になり、20/kgから30/kgに増量する事になりました。
雪が降る様な低気圧が来るとだいたい攻撃が出るので、その辺も要観察です。


そして別の疾患の話となりますが、
1年以上経過観察状態だった会陰ヘルニアが悪化し、肛門の片側にお部屋が出来てしまっているとの事。

近所の病院では、便を柔らかくしたりする内科的処置もあるけれど、早めに手術をした方が逆側への再発リスクも低いとのお話。
二次対応病院での手術となるので、来月初めに大学病院で診察して貰う事になりました。

必要に応じてすぐに手術の予定ですが、水頭症とてんかんの兼ね合いもあるので、予め強めの発作を抑える薬を飲ませて手術をするか、経過観察になるのか?まだ分かりませんが。


もう一つ、こちらも一年前から気になっていたのですが、冬になるとたまにトイレを失敗する事。
冬は床にパズルマットを敷くので、それが気になるのかなと思ったり、認知症の症状がもう出てしまったのかと思ったり。

些細な事でも大学病院の先生に聞くと早いので、攻撃状況と一緒に報告すると、冬は膀胱炎が増えるとの助言を頂きました。
単にここで良いかなと気まぐれでトイレを失敗してしまう可能性もあるとの事でしたが(笑)

尿検査をしたら細菌が多いとの事で、細菌性膀胱炎の様です。
抗生物質を一週間服用して様子を見ていますが、発見出来て良かった!

気になるけれど、病院に行く程の事ではないかな‥と躊躇してしまう事があります。
費用の事だったり、緊張して震えたり、他の人を噛まないかという不安や、飼い主の体調が悪かったり(汗)
でも重い腰をあげる事が解決に繋がるのだと改めて思いました。

頼りになる先生と出会えた事にも心から感謝しています。
何かと心配事の多いChaiですが、どんと構えたいです!

何故だか寒くなると上に登りたがるChai、スツールの上で寝ていました。
IMG_2069 (240x320).jpg
IMG_2073 (320x252).jpg

Chaiのその後とてんかんの本 [犬のてんかん]

早いもので年末ですね。

Chaiは12月始めに一度発作が出てしまい、昨年の数回の発作を思い出しましたが((+_+))
その後落ち着いているので、今季はこのまま元気に過ごせる事を願っています。

10月に書いた「頭部振せん」と発作の違いも明らかでした。

今回も攻撃の後に震えが出たので、始めは頭だけが興奮で震えているのかと思ったのですが、
徐々に体全体も小刻みに震えて動けない様子。
途中前肢を上げたのですが、肢がガクガクと震え、動けなかったのかそのまま降ろすという動作も見られました。

まさに「頭から全身に広がり発作になる場合」とはこの事です。


以前大学病院の先生から教えて貰ったのですが、
犬の水頭症は、必ずしも人間の症状や治療方法がそのまま当てはまるわけではないそう。
比較的チワワに多い事も、人間が手を加えて繁殖させた結果として捉えられる面もあるのだとか。

一方犬のてんかんは、比較的人間の症状や治療方法が当てはめられる病気だそう。

それで教えて貰ったのが「人間のてんかんの専門書」です。

臨床医向けですが素人でも分かりやすく読めて、症例や薬の説明も書いてあります。
もちろん全てが犬に当てはまる訳ではなく、Chaiの病状と同じ様な例もなかったのですが、勉強になりました。

簡単な本は読んだけれど物足りない!という方にお勧めします[ひらめき]

カットでお尻がまあるく可愛くなったのに、上手く撮れませんでした(笑)
IMG_2026 (640x487).jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

「ヘリテージ アダルトラム」レポート2 [モニター]

株式会社グッドスマイルインターナショナルが販売する「ヘリテージ アダルトラム」
2回目のレポートです。

一日あたりの給与料は、小型犬(5~10kg)で125〜175g。
今回400g頂いて、毎朝と夜もたまにトッピングごはんにして、2週間程度で完食。
一応長期モニターですが、毛艶の変化までは見られなかったのが少し残念です。

さて、Chaiの食物アレルギーは、牛・豚肉、青魚で皮膚や耳が赤くなり痒くなるもの。
この商品はアレルギー対応なので、症状は出ませんでした。

そして小麦不使用、グルテンの少ない全粒大麦を使用。
少し調べたら、犬は小麦グルテンを適切に消化するための消化酵素を持っていないので、アレルギー反応を起こすコもいるようです。
Chaiは平気なので今まで気にしていなかったのですが、普段食べているアレルゲン対応フードにも小麦は入っていませんでした。


長期的な変化と言えば、前回も少し書きましたが、モニター期間中は糞量が増えました。
消化の悪い副産物は使用していないそうなので、配合されているフラクトオリゴ糖とユッカ抽出物の影響かもしれません。
腸内環境を改善する成分だそう。

関節ケアの緑イ貝が含まれているのは、ダックスには特に嬉しいです。
普段はコンドロイチンとグルコサミン配合のサプリを飲んでいますが、たまには違う成分を与えても尚良いのかな。

沢山の種類があるドライフードの中から、愛犬に合うフードを見つける事はなかなか難しいと思いますが、安心して与えられるフードが見つかると良いですね!

ゴロン。
IMG_1801 (320x288).jpg

グッドスマイルインターナショナルファンサイト参加中

ヘリテージ 公式サイト
オンラインストア
グッドスマイル facebookページ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

「ヘリテージ アダルトラム」 頂きました [モニター]

株式会社グッドスマイルインターナショナルが販売する「ヘリテージ アダルトラム」
モニターさせて頂きました。

IMG_1901 (320x240).jpg

100gの取り扱いやすい小袋を4つ、計400gも試す事が出来るなんて有難い!
それに英国王室御用達のドッグフードという高級感溢れる品。
こんな機会でもなきゃ、Chaiが食べる事は一生なかったでしょう(^^;)

アレルギー対応食で、主原料はラムの38%。
パーセント表示があって分かりやすい!)
小麦粉不使用、全粒大麦や玄米を使用したドライフードです。

IMG_1921 (320x257).jpg

写真の赤っぽい粒がヘリテージ。
普段食べているものよりは若干大きいのですが、他のドッグフードを比べれば小さめの方だと思います。
小型犬でも食べやすい大きさ。
食いつきも良く、カリカリと美味しそうな音を立てていました。

腸内環境を整える、フラクトオリゴ糖とユッカ抽出物が配合されています。
食べ始めてから糞の量が増えたのは、食物繊維が豊富だからかな。

IMG_1926 (320x240) (2).jpg
新しいご飯のにおい‥

IMG_1927 (320x240) (2).jpg
美味しいよー

グッドスマイルインターナショナル様、ありがとうございました。

グッドスマイルインターナショナルファンサイト参加中
ヘリテージ 公式サイト
オンラインストア

タグ:モニター
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

季節性 [日常]

普段は昼寝ばかりしているChaiですが、半年に一度、1か月位続く活発な時期があります。
丁度この1か月がそうだったのですが、大抵春と秋。

昼間も起きていたり、家中の様々な物を物色し、持ち出しては所有欲をギラつかせ、普段は目もくれない物に興味津々。

水頭症と判った時に「障害犬」だと言われてもピンとこなかったのですが、こんなに活発なChaiを見ると、本来ならこうなのかもしれないと思う位、普段とは違います。

毎年この時期でも攻撃は出るのですが、今年は少な目。
でも気になる症状が出たので、大学病院の先生に聞いてみました。

それは、頭部の震えと、温かい日の体の震え。

丁度一年前の記事でもチラッと書いたのですが、何もせず静止している時に頭が小刻みに震える事が何度かあり、
「頭部震せん」という老化現象の一種だと教えて貰ってはいたものの、昨年と同じ時期に出たので念の為に報告。

体の震えも、朝晩冷えてきたとは言え、室内が25度あり温かいと感じる日に震えていたので気になり。
Chaiはとても寒がりですが、老化現象だとしたら更に冷え性になったのかな?
いくらなんでも暖房は早すぎるでしょΣ(・oノ)ノ

一番心配な事は、部分発作だとしたら見逃しているかもしれないという事。
元気な時期と重なるので何か原因があれば分かるかなと思いつつ。


結果、震え自体は殆どの場合問題がないとの事でした(*'∇'*)
季節性だとしても悪化しなければ大丈夫。

震えが徐々に全身に広がり発作になる場合や、ガクガク震えたり、ご飯が上手く食べられない位に頭が震えたりする場合は異常。
Chaiの様に一時的に少し震えるだけの場合は大丈夫なのですね。
お騒がせしたけれど、勉強になりました( ..)φ

ストレスや不安で現れやすくなる事もあるのだとか。
うーん、どちらかと言うと、この時期は目がキラキラしているので大丈夫そう。

震えとてんかん発作の違いがよくわかっていない飼い主でした(ノД`)

喉気持ち良いけれど、机の上が気になる~
IMG_1897.JPG

と思ったらやっぱり吠えた
IMG_1900.JPG

メニエールの症状2 [日常]

メニエールと直接関係があるのかは明確ではないのですが、下記の様な症状もあります。

・難聴と反対側の耳の聴覚過敏
メニエールで聴覚過敏の症状が出る事もある様ですが、私の場合は難聴が出る左耳ではなく、右耳の高音部が響きます。
高い機械音などを聞き続けると、耳鳴りが酷くなりめまいの様な感覚におそわれ、一旦横になりリセットしなければならない事も。

始めの内は耳栓がとても役立ち、よく使用していました。
しかし低音部の耳鳴りが絶え間なく鳴り続ける様になり、耳栓で増長する感覚が出てきた為、現在はあまり役立ちません。

・珈琲、抹茶、チョコレートがNG
難聴が治った1,2か月後に、上記を飲食すると怠くて気持ちが悪くなる時期があります。
始めはカフェインかと思ったのですが、紅茶緑茶は大丈夫なので体質なのか?
テオブロミンという成分の含有量も怪しいと思ったのですが、カフェインとの相互作用なのかもしれません。

珈琲が大好きで毎日何杯も飲んでいるのに、この時期に限って飲むと調子が悪くなるのは不思議です。
1か月位経つと自然にまた飲めるようになります。

耳鳴りやめまい、耳に違和感を感じたら、すぐに受診する事をお勧めします!
タグ:メニエール
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

メニエールの症状 [日常]

薬が効果的だと思ったのには、自身が2年半振りに片耳低音部の軽度難聴を発症してしまった事もあります。

難聴が出るとステロイドで治療するのですが、今回他の持病に影響が出るかもしれないとの事で、薬局で一旦削除となり処方してもらえませんでした。
以前から治療していて、同じ組み合わせで飲んだ事もある薬なのに、なぜ今回引っ掛かったのか疑問は残りますが‥
とにかく難聴の治療を優先したかったので、再度耳鼻科以外の病院を巡り、薬の調整をしたりとあくせく。

出来れば疲れを取りたい時期に、逆に疲れてしまったのですが、その甲斐があり(笑)
無事に治療出来て症状も落ち着きました。
治せる内に治さず、後で後悔しても遅いのだと再認識。

耳に違和感を感じたら、忙しくてもすぐに耳鼻科を受診してくださいね!


メニエールで訪問くださる方は既に様々な情報をお持ちだと思いますが、同じ様な症状を持つ方もいるかもしれませんので顕著なものを書いてみます。


・低音部軽度難聴
初めての時は左耳の耳鳴りが酷く、聴力検査で低音部が40dBまで下がっており突発性難聴と診断される。
始めの2年間で3回、両耳と左耳の時があり、メニエールだろうとの事。

発症中は大体250Hzが40dB程度まで低下し、高音部も20dB付近と全体的に聴力が低下しました。
治療後は低音部20dB~高音部0dBに回復。
昔から耳だけは良いと言われ、一度全ての値が0以上に回復した事があったので、元々はその位だったのだと思います。


・回転性めまいなし、浮遊性のめまい
検索すると「蝸牛性」として出てくると思いますが、主な症状は耳鳴りと低音部難聴。
浮遊性のめまいはあるものの、眼振や回転性のめまいはなし。

難聴の回復後、乗り物酔いの様な感覚が1,2か月続きます。
始めは胃薬や吐き気止めの処方のみで、片頭痛の時の気持ち悪さに効果的だった薬も全く効かず苦労しました。
ある時眩暈止めを処方され、気持ち悪さが激変。

当時、雨が降る前の30分前~直前までが一番気持ちが悪かったのですが、その症状も軽減しました。
最近では、他の病院でも気候の変化への対処として眩暈止めを勧められ、もっと早く分かっていればとても楽だったに違いないです!


ふらつきで思い出しましたが、短時間ですがめまいと共に歩行がグワン曲がり、念の為に脳神経外科でMRIを撮った事があります。
結局脳に異常はなく、その後に難聴がでてメニエールが原因だと分かりました。

軽度で眼振もなく、内耳の水腫の発見は難しいかもしれないとの事で詳しい検査はしていませんが、
他の病気との区別が出来れば少しは安心出来るかもしれません。


回転性のめまいでトイレから出られなかったり、歩行が困難だったりという話も聞きますが、
本当に本当に辛い経験だと心中お察しします。
私の症状は軽度だとは思うものの、絶え間ない耳鳴り、耳閉感、気持ち悪さ、立っていられない等の症状で日常生活が困難になる時もあります。

個人的にステロイドやめまい止めの使用には手応えを感じていますが、イソソルビドや漢方の効果は今一つ‥
まだよく分からない病気ですが、研究が進む事を願っています。
タグ:メニエール

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。